必見! 乞食情報!!


月額1980円でフードシェアリング

年間約642万トンに及ぶ日本の食品ロス。その量は、国連が食糧難に苦しむ国々に援助している総量の約2倍に相当する。

そんな中、IT会社のSHIFFTは、”食品ロスを減らしたい飲食店”と”安く購入したい利用者”をマッチングするプラットフォーム「Reduce Go」を開発した。現在、年中のリリースに向け準備中だという。


同サービスでは、スマートフォンアプリで周辺のレストランやカフェ、小売店などで余剰食品を提供している店舗を検索し、1日2回まで受け取ることができる。費用は月額1980円の使用料のみで、それ以上支払うことはない。


今年4月に公式サイトを公開して以降、事前登録ユーザーに約4000人から応募があったという。同社取締役の上村宗輔さんはキャリコネニュースの取材に、

「加盟店舗には、主にパン屋などの小売店、フレンチ、コーヒーショップなどから声があがっており、現在もジャンルを問わずさまざまなお店を募集しています。またテイクアウトだけでなく、余剰品を店内で召しあがっていただくことも想定しています」

と話す。同サービス開発の経緯について上村さんは「元々レストランで働いていて、食品ロスのことがずっと頭にあったんです」という。

「世の中のためになるサービスを作りたいと考え、思い浮かんだのが『食品ロス』。調べていくと、特に欧米ではこのような『フードシェアリング』のサービスが盛んに行われていることが分かりました」

一般的な欧米のフードシェアリングサービスは、店舗側が値引きをした商品をインターネットに掲載し、購入者が店舗まで取りに来るというもの。上村さんは

「食品ロスの問題は昔からありましたが、ITの普及でこのような『フードテック』サービスは今後さらに増えていくと考えられます。しかし海外のモデルが、必ずしも日本でも成功するとは限りません。そのため日本に適した形に変化させ、提供することを決めました」
と説明し、同社の強みは

「月額制」

であると話した。


店舗側は「可能であればディスカウントしたくない」

加盟店舗には費用がかからず、利用者から得た月額使用料の59%が提供の多寡に関係なく均等に還元される。


多くの店舗は、常に食品廃棄費用が発生しているという。同サービス導入後はその費用が削減され、「Reduce Go」で得た収益がプラスされる。店舗側にとっては安定した収益源になる。また上村さんは、


「店舗側は『可能であればディスカウントして販売したくない』と考えています。なので食品ロスを減らす取り組みのため、余剰食品を”寄付”という形で提供してもらいます。社会貢献活動なので、店舗側のブランド向上にもつながると考えています」


と話す。営利目的としないことで余剰食品の出し惜しみを無くして消費につなげ、店舗側の通常業務に差支えがないよう値段設定の手間も省いた。

今後の目標について上村さんは「まずは東京23区を対象に実施し、後々は全国展開できればと考えています」と語っている。












これは凄いぞ!!


月額1980円で食費が賄えるってことなのか?
1日当り66円か
1日2回までだから1食33円
ちゃんとしたものが食えるなら絶対に使うね


どっかの異物混入クソ不味い給食が1食で600円だぞ!


店側だって廃棄費用かからず、僅かながら収入があり、社会貢献というアピール可能

画期的だ!


あとはこのシステムがまともに構築できるかが鍵だな


ケチな金持ちが必ず登録してきそうだから、登録は貧乏人だけな!

d0367819_16032133.jpg
d0367819_16033140.jpg

[PR]

# by marpoco2014 | 2017-09-24 16:02 | Trackback | Comments(2)

どっちも ○ズ!

 神奈川県大磯町立中学校の給食から異物が相次いで見つかり、大量の食べ残しが出ている問題で、町が製造業者の変更を検討していることがわかった。

 一方、この業者が取引先などに対し、町や学校、生徒側に責任を転嫁しているように受け取れる文書を配布していたことも発覚。町は事実関係の調査を始めた。



 弁当の持参が特例的に認められた20日に約6割の生徒が弁当を選んだことを踏まえ、町議から「選択制」の導入を問われた町側は「異物混入で精神的に(給食を)食べられない生徒が増えている」と分析。当面は給食と弁当を併用する対応を取りながら「選択制(の導入)も検討していく」と答えた。野島健二教育長は「給食に期待する保護者もいる。安心しておいしく食べられる給食を目指したい」と話した。


 町議会では、業者の社長が19日付で取引先の私立幼稚園などに配布したとされる文書も取り上げられた。

 「大磯町中学校給食報道について」と表題がつけられた文書で、業者は


「選択制であれば、食べたくなければ注文しなければいいで済んだ」

などと町の取り組みを非難した。


 異物混入についても、「弊社で混入したと考えにくい案件も含まれ」るとした上で、「(異物の)90%以上は髪の毛」「2校のうち1校の学校にのみ混入している」などと事実と異なる内容を記載。生徒や学校側に責任があると主張しているように読めるものとなっている。


 中崎町長は取材に対し、「食の安全は信頼関係があってこそ成り立つ。文書は信頼を損なわせるもので戸惑っている」と憤った。町教育委員会の仲手川孝・教育部長も「弁護士とも相談して今後の契約について検討していきたい」と述べ、業者の変更を視野に入れていることを明らかにした。

 






大磯町
「原因が判明するまで給食業者を変えない」


業者

「嫌なら食うな!」


こりゃどっちもクズ!



この業者のHP
http://www.angel-foods.com/support/company.html


もう、子供の顔が…
最後の晩餐みたいじゃないか…

d0367819_06190616.jpg


[PR]

# by marpoco2014 | 2017-09-24 06:18 | Trackback | Comments(2)

鉄ヲタは所詮金ヅルww


21日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で、推理作家・西村京太郎氏が、「電車オタク」から苦情がくることを明らかにした。

サスペンスやミステリードラマの原作も多く手がける西村氏をゲストに、ナインティナイン・矢部浩之とマツコ・デラックスが
トークを繰り広げた。

西村氏の作風は、鉄道関係のトリックで有名だが、最近は寝台列車が無くなったり、列車の窓が開かなくなったりしたことから、
トリックを創作しにくくなったという。

また、トリック以外にも困っていることがあるのだとか。列車の詳細な記述を間違えると、「ミステリー小説なのに電車オタクから
苦情が来る」というのだ。西村氏は「それはすごいですよ」と訴える。

マツコが「そこは大目に見ないんですね」と尋ねるも、西村氏は「全然見ないですね」と率直に告白。例として、
電車の型番などを間違えると「違ってるぞ!」というクレームが来ると打ち明けた。

一方で出版社は「1カ所だけ」間違えろと言ってくるのだという。その方が、本が売れるのだとか。この暴露話には矢部もマツコも苦笑し、
西村氏も「せちがらい世の中なんで」と漏らしていた。















鉄ヲタの性質はそんなもんだよ。
俺のショボいブログですら
鉄ネタ書くと


「ヲタが指摘コメ」

してくるからなあ。
指摘はまあいいとして
熱くなって漢字間違えんなよ(^_^;)


で、出版社のほうが
お前らより1枚上手だったなw

ざまあww

d0367819_15385630.jpg

d0367819_15390840.jpg

d0367819_15391741.jpg

[PR]

# by marpoco2014 | 2017-09-23 15:38 | Trackback | Comments(2)