無駄な事に金かけるなよ…


8月29日の朝、日本中が震撼した。NHKをはじめテレビ各局の画面は全面、危機を煽るような黒い字に赤い帯の入った「国民保護に関する情報」が映し出され、次々にテロップで臨時ニュースが流された。各自のスマホ・携帯電話にも速報が続々と流された。〈北朝鮮がミサイルを発射した模様。避難を〉。短いながら強い言葉だ。しかし、今回の発射でわかったことは、「やっぱりJアラートは国民保護にはほとんど役に立たない」ということである。


最初の「発射情報」が発表されたのは6時2分。発射時刻は5時57分と見られていることから、発射後5分ほどで情報を発表したことにはなる。ただし、多くの国民にその情報が行き渡るかどうかというと、話は別だ。スマホで“速報”が実際に受信できたのは1~2分遅れだった。

北海道上空を通過したと見られるのが6時6分。発表からわずか4分。いや、実際に国民が情報を入手してからは、最大でも2~3分しかないかもしれない。「どこに避難すれば? まず情報収集だな。テレビをつけて…」などとやっている間に、ミサイルはとっくに頭の上を通過していたのである。北朝鮮が日本国土を狙っていれば、Jアラートに気付いてテレビをつけたと思ったら、もう火の海になっていてもおかしくない。



「Jアラートは100億円以上を投じて整備され、それを伝達するEm-Net(エムネット。緊急情報ネットワークシステム)とセットで国が主導して導入を進めてきましたが、“いざミサイルを撃たれたら、間に合わない”ことは当初から指摘されてきました。それなのに政府が『国民の生命と財産を守るため』と導入をゴリ推ししてきたのです。過去には2008年6月に福井県美浜町で誤作動を起こして『ミサイルが着弾するおそれあり』という誤報を流して住民をパニックに陥れさせたこともあります」

これがJアラートの実力だ。発射情報から、わずか4分。あなたは今回、その4分で何ができましたか?










100億ねえ〜

寝てたよ(^_^;)

別に死を恐れてないから俺は全く無関心だな。

東北大震災の時も昼寝してて、
ガッツリ揺れてたんたが、
その揺れ具合に気持ちよくなり
そのまままた寝たよ(^_^;)


そんな事より刈り上げビビリすぎ。アメリカを完全に外してる。
こいつ何だかんだいって

「日本方向」

しか打てないんじゃね。
d0367819_17173638.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2017-08-29 17:16 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://doradoradora.exblog.jp/tb/25475248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wild88moon at 2017-08-29 17:33
完全にずれてるよね
視点が

警報なったときにはミサイル着弾して
日本中吹っ飛んでるだろうね
Commented by marpoco2014 at 2017-08-29 19:41
むしろ一発ヒットしていいよ。

あべちんがそれでも
遺憾の意と
各国と協力して~

なんて語りだすんだろうな。

きっと日本だけで何も出来ないぜ
情けない国だのう。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード