2017年 09月 03日 ( 2 )

ガンダムの高齢化



 アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦」(総監督安彦良和)が2日、上映初日を迎え、

アムロ・レイ役の古谷徹(64)シャア・アズナブル役の池田秀一(67)
カイ・シデン役の古川登志夫(71)
ギレン・ザビ役の銀河万丈(68)

ら声優陣と安彦氏が舞台あいさつした。

1979~80年放送のテレビアニメ版を、当時の作画監督だった安彦氏が新たに映像化するシリーズ第5弾。
アニメ版の前史にあたり、安彦氏オリジナルの物語を描いている。

古谷はアムロになり切り
「38年前のメンバーでこんな舞台に立てるなんて…こんなにうれしいことはない」
と感激。

池田は
「あれ以来、この4人がそろうのは初めてだけど、生き残りって感じだね」。

古川は
「戦友みたいなところがありましてね。よくぞ生き残ったという感じがします」
と、その後の活躍ぶりを喜び合った。

なお当時のメンバーではナレーションのセイラ・マス役の井上遙さん、ブライト・ノア役の鈴置洋孝さん、ナレーターの永井一郎さんらが亡くなっている。

この日は次作の「誕生 赤い彗星(すいせい)」が来年5月5日に公開されることも発表された。

安彦氏は「今回、次回と好評なら、その次を作らせてもらえる」とファンの支援を求めた。安彦氏の言葉通りなら、
前史に続く最初のテレビ版に相当する部分があらためて映像化されることになる。客席からは大きな拍手が起きた。

最後はギレン総帥役の銀河が音頭を取って、劇中でおなじみの「ジークジオン!」コールで会場が一体となった。

なお安彦氏は今回のシリーズで初めて会ったそうで、ややこわもての風貌に

「(ギレンの)“まんま”じゃねえか!と驚いた」

と笑わせる場面もあった。

 同作はこの日から、バンダイチャンネルで配信も開始。劇場での上映は4週間限定で行われる。
















ORIGIN原作の全てを映像化して欲しいねえ。
ファーストはそれだけの価値がある。


ガンダムの声優もリアル世代も高齢化かあ。


38年前だから
アムロ(26)、シャア(29)、カイ(33)、ギレン(30)でもうスター声優になれたんだから
若かったんだな。



確か巨人の星の時は古谷はまだ中学生で学生服着てスタジオに通ってたそうな。


アムロとミライさんって
飛雄馬と明子姉さんだったかな


そして既に亡くなった声優
セイラ、ナレーション、マクベ、ブライト、ドズル、ブーン、ワッケイン

うーん高齢化…
d0367819_16022758.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2017-09-03 16:02 | Trackback | Comments(0)

一階に何としても乗りたいバス

京浜急行電鉄(京急電鉄)は8月21日、2階建てオープントップバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」を三浦半島(神奈川県)で運行すると発表した。京急電鉄の鉄道路線で運用されている電車をモチーフにデザイン。今秋から運行を開始する。

2階建てオープントップバスは、2階席の屋根を省略したバス。屋根を設けないことで開放的な空間とし、「約3.5mの高さから雄大な空や海、大根畑など三浦半島ならではの美しい景色」を見晴らすことができるという。

車体は2100形電車のイメージでデザインされた。赤と白の2色塗装をベースにまとめており、前面には京急のマスコットキャラクター「けいきゅん」の顔を大きく描いている。

2階席の床や壁、座席なども2100形にあわせた色でデザイン。1階席の座席は2100形で実際に使用されているクロスシートの生地を使っている。ナンバープレートはラグビーワールドカップ(2019年開催予定)の記念ナンバープレートのデザインを採用。番号は2100形にちなんで「21-00」とした。

運行計画の詳細は9月下旬頃に発表される予定。京急電鉄は「『KEIKYU OPEN TOP BUS』の運行を通して、更なる三浦半島の魅力を発信してまいります」としている。








こういうのいつも思う。
ゲリラ豪雨きたらどうするよ(^_^;)
って

バイク乗るから空模様には過敏なんだ(^_^;)

傘は持参必須だな。
いや今は日傘!
が必要なレベル??


デザインはもう素晴らしいの一言!!
d0367819_06190704.jpg
d0367819_06192263.jpg
d0367819_06193763.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2017-09-03 06:18 | Trackback | Comments(3)