オムツの処理も出来ないなら親なんかやめてしまえ!


保育園で使った子どものオムツ。保護者が持ち帰るのか、保育園で処分するのか、ネット上で議論になっています。


飛び交う意見


東京都内の自治体に対応を聞いてみました。

持ち帰りのわけは

人口およそ73万人と、23区で人口が2番目に多い練馬区。練馬区の認可保育園では保護者が持ち帰ることを決めています。

理由の1つが、保護者が子どもの健康状態を確認できるためだと言います。保護者と保育士は、連絡帳や口頭でも子どもの様子についてやり取りをしていますが、オムツがどれくらい使われたかや、排便の具合を確認してもらうことで、園での様子をより知ってもらえるという考えです。


同じように持ち帰りとしている杉並区。ここでは保育園によっては1日に100枚単位で使用済みのオムツが出ます。これをゴミの収集日まで一時的に保管しておくスペースが園内にないことを持ち帰りの一番の理由に挙げていました。

オムツはこのように保管

杉並区立荻窪東保育園では、0歳児と1歳児の使用済みのオムツは、トイレの中にある子どもごとのロッカーで保管します。中にはレジ袋などがセットされていて、迎えに来た保護者がそれを持ち帰ります。


2歳児以上の場合はトイレの壁のフックに袋をつり下げていて、その中にオムツを入れていきます。


ただ練馬区や杉並区にも、「なぜオムツを持ち帰らなければいけないのか」という保護者の意見が区や保育園に寄せられているそうです。


保育園で処分のわけは

一方、東京・渋谷区は使用した紙おむつをそれぞれの保育園で処分しています。オムツは企業で排出する紙くずと同じ「事業系一般廃棄物」として扱われ、持ち帰って家庭で処理する一般のゴミと違って処分に費用がかかり、区から保育園に出る委託費などでまかなっています。














何をくだらないことで論争してんだよ。親が持ち帰れよ。

保育園対応なら、膨大な量で
廃棄物扱いだから費用負担大きい、保存場所、衛生問題
大変じゃないか。
そんならオプションで金をガッツリ取ったらいい。


でもな
待機児童だっているんだろ?

ペットの犬のフンだって飼い主が持ち帰ってるじゃないか!

自分の子供のオムツもまた然りだよ!

衛生的にイヤ?
テメエの子供のだろ!


親は保育園に甘えてんじゃねえ!
d0367819_16231278.jpg

d0367819_16232373.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2017-09-13 16:22 | Trackback | Comments(2)

臭いものに蓋すれば良いのか?


成人向け雑誌をフィルムで包み、扇情的な表紙を見えなくする-。
千葉市がコンビニで実施する陳列対策のモデル事業が、難航している。
予定していたセブン-イレブン12店舗に断られたためで、別の複数社と交渉中だが、見通しは不透明。
市民アンケートで7割を超す賛成がある一方、表現の自由が妨げられると反対の声があり、
1自治体、1企業が軽々に判断できない側面がある。


◆配慮、十分でない

市の陳列対策は、子どもへの配慮と2020年東京五輪・パラリンピックを見据えたイメージ向上策の一環。
「現状(の販売方法)は国際的な感覚に照らして疑問を持たれかねない。
既に一定の配慮はされていると思うが十分ではない」。今年2月、熊谷俊人市長はこう説明した。

千葉県青少年健全育成条例で一般誌と分けて陳列するよう定めている雑誌が対象で、
市は表紙を覆うフィルム4200枚の購入費など約39万円を予算化。
8、9月をめどに約2カ月間試行的に実施し、店舗の意見を聞いて本格実施を検討する予定だったが、
セブン-イレブンを運営するセブン&アイ・ホールディングスから“拒否”された。


千葉日報社の取材に同社の広報担当者は「(市が発表した時点で)正式な話はなかった。
後日(社名を公表したことについて)市から謝罪をいただいたが、対応できないと伝えた」と回答。
しかし、陳列対策を“拒否”した理由については明言を避けた。
 

◆表現の自由は…

同様の取り組みは、大阪・堺市が昨年3月からファミリーマートの一部店舗で実施している。
市内全店へ拡大しようと、市は本年度当初予算に80店舗で実施する経費を計上したが、12店舗にとどまっている。

予定の80店舗で実施できていない現状に同市市民協働課は「広げていくには工夫が必要」と述べるにとどめ、
こちらも成人向け雑誌へのカバーが拡大しない理由について言葉を濁す。

背景には、憲法21条が保障する「表現の自由」がありそうだ。
日本雑誌協会などは昨年、「公費を使った過剰な規制。表現の自由が妨げられる」と、
同市へカバーの解除を求める声明を提出した。千葉市も同協会から見解を伝えられたが、市健全育成課は
「フィルムを手でずらせば表紙を見られる。表現の自由の侵害には当たらない」とする。

現場の反応はどうなのか。あるコンビニ関係者は「表現の自由がある中、業界全体で考えなければいけない問題。
個別の社で応えるのは難しいのでは」。対応に苦慮している実情がうかがえる。


◆市民は好意的

陳列対策へ市民の反応は好意的だ。市が5月に行ったWEBアンケートでは、回答者650人中74・8%に当たる486人が賛成。
反対は4・8%にとどまり、どちらとも言えないが20・5%だった。

賛成の理由は▽成人向け雑誌をコンビニで販売してほしくない▽子どもに見せたくない
▽誰もが利用する場所なので配慮が必要-など。反対意見は▽気にしすぎ▽個々の営業モデルを阻害する
▽青少年の犯罪や非行につながるとは思えない-などがあった。

同課はアンケート結果などから「店にとってもイメージアップにつながり、メリットはある」と強調。
本年度中には陳列対策を開始したい考えで、実施店舗が決まれば、フィルムの色などの詳細は
店側と調整した上で決めるという。















フィルムを被せる手間やコストが全く考慮されてないから断られるのは当たり前。



青少年に悪影響ねえ。
ネットでも動画でも

「無修正」

だらけなのに??

そんなに子供に見せたくないのかねえ。俺は自分の子供の事は全く意識してないが。





そして悪影響は大人もそうだろ。
これじゃ中身わかんないじゃん。

フィルムをずらせば表紙がわかる?それで雜誌の本質が理解できるのか??

d0367819_06174516.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2017-09-13 06:16 | Trackback | Comments(2)