怪奇! タコ男

集合住宅の高い位置にある窓の格子をすり抜けて盗みを繰り返していた、通称「タコ男」が逮捕・起訴されました。

【記者】
「男が狙うのは、あちらのような形状の窓。20センチほどの格子の間をすり抜けて部屋に侵入したということです」

窃盗などの罪で逮捕、起訴されたのは大阪市住吉区に住む無職の大野和朗被告(58)です。

大野被告は今年8月、大阪市東住吉区にある集合住宅の2階の部屋に侵入し、ゼリー2点を盗んだ罪などで起訴されています。

警察によると大野被告は高い位置にある窓の内側につけられた格子の縦・約20センチ、横・約30センチの隙間に身をくねらせて侵入することから、通称「タコ男」と呼ばれていました。










仮面ライダー風のタイトルにしてみたが

レインボーマンは確か身体をグニャグニャにして

隙間を抜けるとかいう正義の女神ヒーローにしては
ショボい技を持ってたな(^_^;)



しかしなんという無駄な才能(^_^;)

d0367819_07164744.jpg


[PR]

# by marpoco2014 | 2017-12-16 07:16 | Trackback | Comments(2)

マクラーレンはマクラーレンでも…


英国のマクラーレンオートモーティブは12月10日、マクラーレン『セナ』を発表した。伝説のF1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠した新型スーパーカーとなる。

マクラーレン・セナは、マクラーレンオートモーティブの「アルティメットシリーズ」の最新作。中核モデルの「スーパーシリーズ」(『720S』)の上に位置するアルティメットシリーズ最新作は、生産を終了したマクラーレン『P1』の後継車として登場した。公道とサーキットの両方で、優れたパフォーマンスを発揮することを目指す。

マクラーレン・セナは、ミッドシップに4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最大出力800ps、最大トルク81.6kgmを発生する。このスペックは、マクラーレンの市販車としては、史上最強となる。トランスミッションは7速デュアルクラッチ。

また、第3世代の「カーボンファイバーモノケージ」の採用をはじめ、すべてのボディパネルをカーボンファイバー化。これにより、車両重量は『マクラーレンF1』(1993~1998年)以来、最も軽量な1198kgとした。パワーウェイトレシオは、およそ1.49kg/ps。

なお、現時点では、加速性能や最高速などのデータは公表されていない。マクラーレン・セナは、世界限定500台を生産する計画。英国での価格は、75万ポンド(約1億1385万円)と発表されている。 











名前はカッコいいんだけど
事故死しそうで微妙だなあ〜


d0367819_08141515.jpg




俺の娘も昔はマクラーレンに乗ってたんだけど…(^_^;)

d0367819_08143798.jpeg


[PR]

# by marpoco2014 | 2017-12-15 08:13 | Trackback | Comments(2)

今後は怨霊で商売(^_^;)

東京都江東区の富岡八幡宮で女性宮司の富岡長子さん(58)らの殺傷事件で、7日夜の事件後最初の日曜となった10日、現場の富岡八幡宮には多くの参拝客が訪れた。事件を受け参拝客の減少も懸念されたものの、地元住民らによるとこの日のにぎわいは「いつも通り」。地域は徐々に平穏を取り戻しつつあるが、毎年約30万人が訪れる正月に向けては不安の声も上がっている。


 富岡八幡宮の門前町として栄える「深川仲町通り商店街」。永代通り沿いの約800メートルに130店舗以上が店を構える。年末年始には夜店も出店され、アーケードは多くの参拝客でにぎわうが、同商店街の石島龍治理事長(77)は「今は、事件報道を受けて物珍しさで訪れている人がいるからそれほど変わらないが、初詣の時期にどれだけ減るか分からない」と不安顔。事件については「本当に信仰心のある人は迷惑していると思う」と述べた。

 








いやいや

ピンチをチャンスに
縁切寺みたいな感じで
怨恨神社にすればいい
藁人形もおkで!!

d0367819_07011037.jpeg

[PR]

# by marpoco2014 | 2017-12-14 07:00 | Trackback | Comments(2)