2速オートマを知っているか!



■クルマのAT、ついに10速が市販車へ搭載

北米から、次の新型「アコード」(ホンダ)には10速のAT(オートマチックトランスミッション)が搭載されるというニュースが聞こえてきました。ATの多段化の流れは、近年のトレンドでしたが、とうとうふた桁まで段数が増えるとは、驚くばかりです。



ちなみにMT(マニュアルトランスミッション)も、かつては4速や5速が中心でしたが、今や6速が標準的な数になっています。
ポルシェに7速はありますが、ほかのブランドに7速が広がる気配はありません。高性能スポーツカーはAT化が進んでいますし、もう少し小さくて安いスポーツカーには7速の必要性がそれほど高くないからでしょう。
また、実際のところ、あまりにギヤ数が多すぎると使いにくいもの。それもMTの多段化を抑える理由になっているはずです。

6速から7速で止まったMTの多段化に対して、ATの多段化は止まりません。メルセデスベンツやレンジローバー、ジープなどには9速ATが搭載されています。


その理由は簡単です。段数を増やすと、燃費が良くなるからです。







え?
理由って燃費だけ??

贅沢だなあ。
いや車の値段分ガソリン代節約出来るのか??


昔さあ軽自動車の

「2速オートマ」

乗ったことあるぞ。


Dの下が2じゃなくてLなんだぞ。

1速から2速になるとき
ガタン!
って振動するし
高速道路なんか
回転上がりすぎて騒音の塊だった


ん〜
実にスリリングなクルマだった。



あと
スバル360も乗ったことあるよ
もちろんレトロピンテージカー
だったけど。


これは3速MTだった。



なんか昔のが良かった気がするのは俺だけ?
(^_^;)

d0367819_07063392.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2017-07-07 07:05 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://doradoradora.exblog.jp/tb/24745528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード