1人うってつけの人物がいるじゃあないか!

過疎地の医師不足が問題となっていますが、青森県深浦町は年収2200万円などの条件を提示して医師を募集したにもかかわらず、3年余りかけても1人も採用できず、公募を断念したことがわかりました。

日本海に面した青森県深浦町は、町内に常駐する医師が1人しかいなかったため、4年前、新たに町営の診療所を開設する計画を打ちたて、年収2200万円や、家賃や光熱費が無料の住宅を提供するという条件を示して医師を募集しました。

これまでに2人の医師が応募しましたが、家庭の事情などを理由に辞退し、結局、去年12月まで3年余りかけても1人も採用できませんでした。

このため町は公募で確保することを断念し、かつて町内で勤務した経験がある青森県三戸町の76歳の医師に頼み込んで、ようやく来月、診療所開設のめどが立ったということです。

青森県は人口10万人当たりの医師の数が、おととし平成28年の時点で全国で7番目に少なく、県内では弘前市とその周辺を除くすべての地域で全国平均を下回るなど医師不足が深刻化しています。












1人いるじゃないか!
直接本人に打診するべし。



ハッピー米山!!



復活の大チャンス!
確か医師免許持ってるよな!

田舎で老人と優雅な余生を送り給へ。
d0367819_06192671.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2018-05-10 06:17 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://doradoradora.exblog.jp/tb/26769839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wild88moon at 2018-05-10 10:06
いやいや(^_^;)

若いほうが好きみたいだし
老人に囲まれた生活は無理では?
Commented by marpoco2014 at 2018-05-10 20:50
もう青森に遠流だよ!
でも金いっぱいもらえるんだから
余生を送るにはよかろうて。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード