遭難のメカニズム


遭難のメカニズム

まず最初に素人は道に迷って雪に閉ざされてもはや動くことができない、
そういうのを遭難だと思っている。

ちょっと道に迷ったけど歩けるし、大丈夫、大丈夫と、遭難だと認識できていない場合が大抵である。




むしろ歩けるだけ始末に負えない。

・道に迷って焦ってると、何とかしようとズンズン進みがちになる
 (方向が合ってれば良いのだが、間違ってると致命的)

・半分パニックになってるので獣道が登山道にみえたりする

・薄暗い森を歩いてると明るい開けた場所、見通しが良いほうに向ってしまう。
 (これは、大抵は崖とか沢筋に繋がってたりする。)

・夕暮れとかになると山の中でも意外に街の灯が見えたり、
 下に山小屋や登山道が見えたりすると、登り返すのは疲れているから億劫
なのでショートカットってのが悪魔の囁きで谷を下ってしまう




素人が沢に降りたらいけない理由

・沢は滝やら何やらで普通に危険。

・水分があると苔やら何やらで滑りやすい。

・沢を下ると道が分散して探す側が難しいが、尾根に上ると逆に収束するから探しやすい。

・尾根はヘリコプターからも見つけやすい。また主要な登山道はたいてい尾根上。

いずれにしても滝にぶつかった時点で装備のない素人には無理ゲー。

 沢の出だしは緩くて歩きやすい(侵食がされてない)けど大抵滝に出会う。

で、
 無理して降りる→ケガするor溺死する→登り返せなくなる→ヘリでみつけてもらえない。

 沢は下るほどに谷が深く侵食され(水流が増すので)る
 上部ならなんとかなっても、下部はとてもじゃないが装備なしでは降りられない
 水なら飛び落ちるだけで行けるけど、人も飛び落ちるしかなくなる。








■運命の選択

赤:遭難ルート
橙:登山ルート



右:遭難ルート
左:登山ルート

これは普通に右に行ってしまうわ。登山ルート藪じゃんか!
d0367819_05575523.jpg
d0367819_05580716.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2018-05-31 05:57 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://doradoradora.exblog.jp/tb/26841118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wild88moon at 2018-05-31 08:14
運命の岐路だね

それ以前に地図とかコンパスぐらい持ってけよ
Commented by marpoco2014 at 2018-05-31 17:57
スマホだけで何とかなると思ってたんだろ。もろ蟻地獄に落ちてるやん
名前
URL
画像認証
削除用パスワード