バイクを捨てていれば…


 ベストセラー「『捨てる!』技術」の著者で、文筆家の辰巳渚(たつみ・なぎさ、本名加藤木綿子=かとう・ゆうこ)さんが26日午後2時15分、交通事故のため長野県佐久市の病院で死去したことが27日、分かった。52歳。福井県出身。



車と衝突 大型バイクの女性死亡
26日午前、軽井沢町で大型バイクと軽乗用車が正面衝突し、
大型バイクを運転していた東京都の52歳の女性が死亡しました。

26日午前9時ごろ、軽井沢町長倉の国道146号で、大型バイクと
対向車線を走ってきた軽乗用車が正面衝突しました。
この事故で大型バイクを運転していた東京・台東区の自営業、加藤木綿子さん(52)が
全身を強く打って、佐久市内の病院に運ばれましたがおよそ5時間後に死亡しました。


警察によりますと、加藤さんは夫とともにツーリングをしていたということです。

現場は見通しの悪い急なカーブが続く場所で、警察は大型バイクがカーブを曲がりきれずに
衝突したとみて、事故の原因を詳しく調べています。


 出版社勤務を経て、マーケティングプランナーとして活躍。2000年刊行の「『捨てる!』技術」は、大胆に捨てる整理・収納術を提案して100万部を超えるベストセラーとなった。掃除や食事の作法などを親子で学ぶ「家事塾」を主宰。16年に生活哲学学会を設立、代表理事を務めていた。他の著書に「『暮らす!』技術」「子どもを伸ばすお片づけ」など。












バイクを捨ててさえいれば…

いやこの人の場合最後は自分の命を捨てる事こそが完結だったのかもしれん、

合掌…

d0367819_06173542.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-29 06:17 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://doradoradora.exblog.jp/tb/26952089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wild88moon at 2018-06-29 07:47
まだ若いのにねえ

捨てるのは不用品だけにしとこうよ
Commented by marpoco2014 at 2018-06-29 11:46
なら早く不用品を捨てろよ(^_^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード