僧侶の食欲(^_^;)



中世の食文化を描いた絵画、「酒飯論絵巻」を紹介する展示会が京都市で開かれています。

「酒飯論絵巻」は、酒が好きな公家と飯を好む僧、それに酒と飯のいずれもほどほどにたしなむ武家の3人が、
「酒」や「飯」の良さを主張しあう様子を絵巻物に描いた室町時代の作品で、国内外にいくつもの複写があります。

京都市上京区の茶道資料館で開かれている展示会には、国内にある「酒飯論絵巻」や
酒の杯や茶道具などおよそ30点が展示されています。
このうち白描本とよばれる絵巻物の下書きには、ちゅう房の様子が墨と淡い色で描かれ、
茶臼をひく男性の腕を枠外にも描くことで練習した様子が伺えます。

また、茶道資料館が保存する絵巻では、赤飯やくりご飯、それに山菜ご飯など
さまざまな種類があり酒よりもすばらしいと飯好きの僧の主張が描かれています。

この展示会は展示品を入れ替えながら、12月4日まで京都市の茶道資料館で行われます。

d0367819_06334629.jpg









僧侶の飯好きは半端ないよなあ、こんなに食うのかよ
白米の量(^_^;)

d0367819_06350595.png


[PR]

by marpoco2014 | 2018-10-12 06:32 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://doradoradora.exblog.jp/tb/27157280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by You at 2018-10-12 09:49 x
僧侶の食事って
質素ってイメージなんだけど

違ったのかしら?(^_^;)
Commented by marpoco2014 at 2018-10-12 11:23
僧侶金いっぱいありそうやん(^_^;)

ボウズ丸儲けだしね(^_^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード