<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

イヌでなくても(^_^;)



あまりに可愛い心臓マッサージに人気沸騰中です。

突然、地面に仰向けに倒れこんでしまった男性。すると、猛スピードで黒い犬が駆け寄ってきます。男性のお腹の上でぴょーんぴょん。なぜかパトランプを背負っています。

顔の近くで呼吸を確認して、また、ぴょんぴょんぴょん。実は、この犬「ポンチョ君」は警察犬で人命救助ができるよう訓練中なのです。

倒れた男性は訓練士で、ポンチョ君は大好きなパートナーが起き上がると尻尾を振って大喜び。この可愛い動画が警察のツイッターに公開されると大人気になり、再生回数は260万回以上に及んでいます。

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=j35StUWByy8







かわええけどさ
スペインの警察犬は警察と一緒じゃなく一匹で行動するのか?

警察が心臓マッサージすればいいんじゃないのけ?
d0367819_08023820.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-30 08:02 | Trackback | Comments(2)

バイクを捨てていれば…


 ベストセラー「『捨てる!』技術」の著者で、文筆家の辰巳渚(たつみ・なぎさ、本名加藤木綿子=かとう・ゆうこ)さんが26日午後2時15分、交通事故のため長野県佐久市の病院で死去したことが27日、分かった。52歳。福井県出身。



車と衝突 大型バイクの女性死亡
26日午前、軽井沢町で大型バイクと軽乗用車が正面衝突し、
大型バイクを運転していた東京都の52歳の女性が死亡しました。

26日午前9時ごろ、軽井沢町長倉の国道146号で、大型バイクと
対向車線を走ってきた軽乗用車が正面衝突しました。
この事故で大型バイクを運転していた東京・台東区の自営業、加藤木綿子さん(52)が
全身を強く打って、佐久市内の病院に運ばれましたがおよそ5時間後に死亡しました。


警察によりますと、加藤さんは夫とともにツーリングをしていたということです。

現場は見通しの悪い急なカーブが続く場所で、警察は大型バイクがカーブを曲がりきれずに
衝突したとみて、事故の原因を詳しく調べています。


 出版社勤務を経て、マーケティングプランナーとして活躍。2000年刊行の「『捨てる!』技術」は、大胆に捨てる整理・収納術を提案して100万部を超えるベストセラーとなった。掃除や食事の作法などを親子で学ぶ「家事塾」を主宰。16年に生活哲学学会を設立、代表理事を務めていた。他の著書に「『暮らす!』技術」「子どもを伸ばすお片づけ」など。












バイクを捨ててさえいれば…

いやこの人の場合最後は自分の命を捨てる事こそが完結だったのかもしれん、

合掌…

d0367819_06173542.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-29 06:17 | Trackback | Comments(2)

ナゾい歩道橋


道路の真ん中で階段を上り下りする人たち。ちょっと不思議な光景だ。

東京都板橋区の都営地下鉄三田線蓮根駅近く。東西に走る都道・高島通りに架かる交通公園前歩道橋は、南側の階段が道路中央のガードレールに囲まれた“島”に降りる構造になっている。

都建設局によると、都道南側の歩道が狭く、丁字に交差する道幅が広い区道中央部に階段を設置したという。踊り場でUターン、北側へ降りれば高島通りに出ることもできる。
“島”は区道の中にあるが、歩道橋の管理者を明確にするため、都道扱いなのだという。(写真報道局 松本健吾)







手前側の設置の理由はまずいのでは?

一歩ひいて見ると
学生がど真ん中に。
これ手前側は事実上この手の使い方を考えたとしか思えない。

歩道は狭いがなら車道に出ていいのか?
手前にも横断歩道は作るべきでは??
d0367819_05590310.jpg

d0367819_06002042.jpg

d0367819_06003304.jpg

d0367819_06005022.jpg



[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-28 05:56 | Trackback | Comments(2)

ゲテモノ狙いは滅多にヒットしないぞ



カルビーは6月25日、別添の納豆フレークをポテトチップスにかけて食べる新商品「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」を全国の「ローソン」店舗(「ローソンストア100」除く)にて数量限定で発売する。価格はオープン。

からし醤油味をイメージした醤油味のポテトチップスに、別添の納豆フレークをかけて食べるポテトチップス。納豆のネバネバした素材感や本格的な風味が楽しめ、噛めば噛むほど納豆味が感じられるという。

別添のかつおぶしをかける「かけて食べるポテトチップス お好み焼き味」(2016年発売)の"かけて食べる"というコンセプトが好評で実現した第2弾。7月10日の「納豆の日」を前に発売が決定した。






なんだよこれ(^_^;)

イミがわかんないんですけど(^_^;)

d0367819_05475279.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-27 05:47 | Trackback | Comments(2)

俺でも出来るからご褒美!

5月に兵庫県川西市内で行方不明になった小学1年の女児(6)を捜索し無事に発見したとして、
川西署はこのほど、県警鑑識課の警察犬ゾロ・フォン・ヤマト・モリヤ号に署長賞を贈った。

 ゾロ号はジャーマンシェパードの雄で4歳。同課の平瀬篤巡査長(31)とペアを組み、
2016年7月から今年5月末までに388回出動し、川西市の女児を含めて5回、行方不明者を発見したという。

 同署によると、女児は5月12日に行方不明になり、午後9時40分ごろ、女児の祖母が届け出た。
ゾロ号は女児の靴のにおいをかいで捜索を開始。
翌13日未明、自宅から約60メートル離れた民家の前で耳をそばだてるしぐさを見せ、民家の敷地にいた女児が保護された。
平瀬巡査長は「ゾロ号は疲れ知らずな犬。よくやったと褒めてあげたい」と話した。(竜門和諒)









60メートルって(^_^;)
ガキはただプチ家出しただけやんか。
呼べば出てきたんじゃ(^_^;)
疲れ知らずって(^_^;)

署長より偉そうな名前。しかもなげえ〜(^_^;)

ご褒美はボールか??

d0367819_06403248.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-26 06:39 | Trackback | Comments(2)

大分は今日も平和だった(^_^;)

▼先日、大分市内の高齢女性から「座椅子に孫の首が挟まって抜けない」と119番通報があった。市消防局の隊員が現場へ駆け付けると、2歳の女の子が木製の座椅子の背もたれと座面の隙間に挟まっていた。
身動きが取れずとても苦しそう。隊員は女の子の体の向きを変えさせ、座椅子を壊すことなく約10分後に助け出した。けがもなかった。
女の子は足から入り、そのまま体を滑り込ませて動きが取れなくなったらしい。

「子どもは狭いところに興味を持ってしまうのかも」

とベテラン隊員。










ほのぼの記事(^_^;)

子供と猫は狭いとこが好き!

早速職人登場!

猫と涙目警官セットだな。
ハイレベルだ!!

しかも心配してる猫とか芸が細かいぞ!

d0367819_05544230.jpg


d0367819_05550845.png

[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-25 05:53 | Trackback | Comments(2)

言葉は使いよう!

あるコンビニにやって来たmorimoさん。

トイレを借りると、そこには『貼り紙』がありました。

「キレイにご使用ください」といった内容を、店長のセンスでアレンジしたのでしょうか…同じ内容を、こう表現していました!








これは俄然やる気になるな

キレイにとか紋切り調じゃ
人は動かんよ(^_^;)

d0367819_06111823.jpg
d0367819_06113772.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-24 06:10 | Trackback | Comments(2)

天然都市大分(^_^;)

お騒がせ、田んぼの水あふれる


先日、大分市賀来の田園地帯に住む住民から

「道路に水があふれている」

と市に通報があった。当日の天気は晴れ。前日も雨は降っていない。「水道管が破裂したのか」。

市水道局の職員が駆け付け調査したが、原因は一向に分からない。そこに現れたのは1人の高齢男性。現場の目の前に住んでおり、犬の散歩から戻ってきたところ。おもむろに50メートルほど歩きだし、

「ここだ」

今は田植えの時季で、田んぼ脇の農業用水路に誰かが土のうを置いていた。水がせき止められ、大量の水が用水路からあふれたらしい。土のうをどけて、無事、一件落着となった。









ここだ!

って(^_^;)

土のうかよ!

道路に水があふれてる

とか大阪の事態を想像させるような言い回ししやがって(^_^;)

ネコ職人も登場しちゃったじゃないか(^_^;)


やはり大分は新潟とは違うな。
魔界都市と天然都市(^_^;)

d0367819_06154456.jpg

d0367819_06164203.png


d0367819_06165302.png

[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-23 06:16 | Trackback | Comments(2)

山田ついにオワコン!


 1972年から週刊少年チャンピオンで連載している野球漫画「ドカベン」シリーズが28日発売号で完結する。発行元の秋田書店が明らかにした。46年の歴史に幕を閉じる。最終回では作者の水島新司さん(79)による特別寄稿が掲載されるという。

 「ドカベン」は、明訓高校の捕手で強打者の主人公・山田太郎の愛称。山田とバッテリーを組むエースの里中智、悪球打ちの岩鬼正美、秘打男の殿馬一人ら個性豊かなチームメートとともに、ライバルたちとの熱戦を勝ち抜いていく様子を描いた。76年にはアニメ化された。漫画では「プロ野球編」など続編を経て、現在は水島さんの野球漫画に登場した選手が対決する「ドリームトーナメント編」が32巻まで発刊されている。シリーズ合計で203巻に上る。
     ◇
 「ドカベン」は高度な配球や一般的には知られていないルールも紹介する本格派野球漫画で、広く人気を集めた。


 2012年夏の第94回全国高校野球選手権大会。済々黌(熊本)が鳴門(徳島)との2回戦で、1死一、三塁から三塁走者がライナーでの併殺成立前に本塁を踏み、相手のアピールがないために1点を追加するという珍しい場面があった。済々黌の監督が「ドカベン」を読み、選手に教えていたため生まれたプレーだった。

 また、高校野球で神奈川大会の会場となる神奈川県大和市の大和スタジアムは「ドカベンスタジアム」の愛称がついている。明訓高校が同県にある設定だったことから、球場改修時に「高校野球を象徴するものを」と市側が水島氏に打診。快諾を得て、球場入り口に山田太郎と里中智のブロンズ像が建てられた。









これが実際甲子園で行われた
ルールの盲点。

殆どは打者がフライの時はランナーが塁を出てたなら塁に戻る。

その塁に先に投げられたらランナーアウトになるからだ。

それを防ぐためにタッチアップを行う。


このドカベンの場合。
三塁に投げていれば、岩鬼はアウトでチェンジ、例えホームベースを踏もうがアウト!


ところが不知火は一塁に投げた
一塁手にボールが届いた時点で山田はアウトでチェンジ!

これでもいい、普通ならこれで
終わりのはず。


特殊なのは、一塁に送球終わる

(前に!)

岩鬼がホームベースを踏んでいた事だ。岩鬼はこの時点でアウトになっていない、つまり得点になっていた。

山田はアウトなのでチェンジなのだが、得点がついてしまった。

なら不知火はどうしたら良かったか。


最初に三塁に投げるか

一塁に投げて山田をアウトにしたあと、三塁にボールを投げていれば、岩鬼の得点は無効だった。


でもドカベン読んでない審判ってこのルール知らない人いるんじゃないかな?

新潟人は理解できたか?(^_^;)

d0367819_06223323.jpg
d0367819_06230105.jpg
d0367819_06280190.jpg
d0367819_06314052.jpg


[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-22 06:25 | Trackback | Comments(2)

落ちたらハゲる!

栃木県小山市のIT企業は、傘になるドローンの開発を進めています。

数年前から開発を始めて試作機2機が完成し、現在は3号機の開発に取り組んでいます。

ドローンに付いているカメラがあらかじめ設定した画像を認識して人が歩いてもついてくる機能も搭載されています。

2年後の商品化を目指しているということで、
「アサヒパワーサービス」の鈴木健治代表取締役は
「雨の日に傘をさすのが面倒だと感じたことが開発のきっかけでした。
両手が自由になればきっと便利だと思います」と話していました。









これ落っこちてきたら
頭ハゲてまうやん!

ダメだよ、こんなの!
いらん(^_^;)
d0367819_07002470.jpg

[PR]

by marpoco2014 | 2018-06-21 06:59 | Trackback | Comments(2)